読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのピンク色の豹。

雪景色に見飽きた。起床後にカーテンを開け、普段と同じ雪景色に辟易する。加えて「北」の方に住んでいると、電車が運航休止になったりする事例が偶に発生するから、夏、初秋に比べ、ゆとりを持って行動しなければならない。だが、年末に「南」の方に帰省したときは、それは快適であったが(スリップの心配が皆無である)、道端に積雪がないのは、若干、恋しさがあった。

 

PC版『シュタインズ・ゲート』を改めて始めた。近年の「物語」として、唯一無二の面白さがあると思う。小説、漫画、アニメ、映画、ゲームと云った「物語」には様々な媒体があり、多様な視覚的効果がある。今作は見事に「ノベルゲーム」の型式を上手く活用出来た稀有な例ではないかと思っている。アニメ版も評価が高いが、今作のアニメとゲームの関係性は、圧力鍋と一般的な調理鍋の様だ。

 

近くのレンタルビデオ店に赴き、パッケージを見て懐古し、『ピンクパンサー』を借りた。幼少期はケーブルテレビで海外アニメばかり観ていた気がする。現在でも『トムとジェリー』はDVDが手元にあるので、偶に観る。上記の2作品は、時代背景を感じるブラックジョーク的な描写が幾つかはあるが、普遍的な「笑い」を提供してくれる。疲弊した時に観るのが効果的だ。『ピンクパンサー』(オリジナル版)に限って云うと、色彩の使い方と間合いが堪らなく好きだ。

 

最も視聴した海外アニメは『マドレーヌ』だろう。

 

オール・マイ・ベストは『アンデルセン・ストーリーズ』で、これからも揺らぐことはない。『人魚姫』『裸の王様』の回は視聴から10年以上経った今でも、断片的に幾つかのシーンは憶えている。

 

思い出しては、本棚にあるアンデルセンの短篇を読み漁るのは、あの時期に海外アニメを観ていた影響なのかもしれない。

 

 

静かな世界、自意識の変換。

久々に活字を読んだら、活字を眼で追うスピードと脳内への理解の相関性が驚くほど衰退していて、最近やたらとライトノベル調(ここで云うライトノベル調は飽くまで私的感覚である)の作品ばかり読み漁っていた、と今になって気付く。今後は、元の状態へ更には理解力の発展に向けて、映画批評を読んだりすることから回復に向けて始めたい。

 

先週末、何時観ようかと時を見計らっていた是枝裕和監督の『海街diary』を観た。是枝監督作品は殆ど視聴していて、自分のつまらない矜持から今作品は見逃していたのだけれど、視聴後の余韻は今でも鮮明に覚えている。見慣れた街並が普段とは異なって、少しだけ煌いて見えた。良い映画の定義として「視聴後に、普段の何気ない景色に対しての気概の変遷」が挙げられると思う。

 

サッカーの試合のシーンで魅せた、広瀬すずのドリブルが未だに脳裏に焼き付いている。特筆すべき上記のシーン以外にも見応えは幾多かあるが、彼女は紛うこと無く「映画女優」であり、今後の活躍が愉しみな1人でもある。10代の時期は多くの出演作で商業映画に徹すると思うが、20代からが彼女の真の活躍期になるのかなと淡い期待をしている。

 

それと、原作が吉田秋生さんと初めて知り、若干驚嘆した。

 

今後の現ブログは更新回数が、少しだけ増えると思う。