読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして、僕らは回帰する。

人前で独り言を呟く人は苦手だけど、3日くらい家に篭っていて久々外出した時に、隣人に挨拶をしようと試みたものの、声が出なかった恐怖は鮮烈に覚えている。それ以来、生活自体には変化はないものの、家にいる時は偶に好きな曲を口ずさむ程度には発声したりしてる。

 

話を戻そう。冒頭で述べた独り言が多い人について。育ってきた環境や境遇が顕著に現れてると思ってるのだけど、それでも戯言を聞いてるこっちの身にもなって欲しいと思う。8割以上マイナス思考の考えで、周囲には負の連鎖しか与えない。だれも口を挟まないというか、呆れて声をかけないというか。今は他人の独り言が僕に降り注ぐ重大な問題でありながら、即急には解決不可な事項である。ほんの少しだけでいいから、せめて独り言を呟く回数を減らしてほしい。

 

さて、上記の事項に相反するように僕の私生活は酷く充実している。睡眠時間が平均8時間も取れて自分の好きなことに時間を割くことができ、そろそろ猫でも飼いたいなぁと思ってきたこの頃だ。実家でトイプードルを飼っていて休みの日には寝るまで一緒にいて、それくらい好きだった。今は実家に帰省する時にしか会えないけど。

 

テレビを視聴する時間が減って、ラジオを聴く時間が増えた。眠りにつくまでの時間に聴くラジオは最高だ。大体、オールナイトニッポンだけど。それ以外の時も暇さえあればPodcastを用いて様々な番組のバックナンバー放送を聴いている。ラジオの魅力についてゼミの先生と語ったりして「もっと重要視されてもいいのにね」とか、言ってたっけ。AM放送とFM放送をよく切り替えて聴いてるけど。地方ラジオ番組も興味深くて、平日9時から12時までの3時間、女性パーソナリティがポップカルチャー情報を伝える番組が好きだ。時間的に一部しか聞けないのが惜しい。

 

積み本が以前より増えた気がする。本は購入するけど読むのが追い付いてなく、それにも関わらずインターネット上のショート・ショートにも目を通したりしてる。これがまた面白くて、積み本が増えるのもしょうがないのかな。

 

スター・ウォーズ フォースの覚醒」が28日にレンタル開始らしくて、ゴールデンウイーク中には観たい。去年から2020年まで、毎年1作「スター・ウォーズ」が公開されるらしく(スピンオフ作品を含む)、映画界の歴史的瞬間に立ち会ってるのではないかと思う。今年公開のスピンオフ作品はエピソードⅢとⅣの間で最も残忍なダース・ベイダーを見ることができるのかなと気分が高揚してる。一部でR18作品なのではないかと囁かれているほど。それは流石にないと思ってるけど。

 

僕が生きてるうちに物語の最期を見届けることができるのかが今の不安要素かな。

f:id:toyukawapanda0401:20160426011739j:plain