読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

烏が映える季節になって

道端で野良猫を観る機会が減って、白と黒のコントラスト比で烏が映える季節になった。僕は烏の水浴びが見られる公園に偶に足を運ぶくらいには、烏のことが好きだ。

 

秦基博とのコラボ曲、花澤香菜『ざらざら』。前曲同様に表題曲を彼女自身が作詞、作曲秦基博との親和性。新海誠監督『言の葉の庭』のセルフオマージュ的な立ち位置の曲で、スローテンポな曲調で優しい声色、そして言葉選びがいい。心和み、新宿御苑で聴きたい。

 

1ヶ月間、まともに本を読んでなくて、只管に絵ばかり描いていて、拙い絵を愉しみながら描き続けている。デッサン系の本を図書館で借り、自らの上達の無さに辟易しながらも、微々たる発見に一喜一憂したりして、本当に絵を描いてる時間が最も有意義な時間になっている。小説を読む時間も設けて、平積みしてる『無伴奏ソナタ』『絵のない絵本』辺りを読み、気になる新刊にも手を伸ばしたい。来年2月に刊行される村上春樹の新刊も楽しみだ。

 

最近の映画に関しては『聲の形』を2回観た。主なるテーマ、僕は「生」への執着だと思っているのだけど、京都アニメーションの映像美が相俟って、素晴らしい映像作品となっている。公開終了前にもう一度観たい。

 

日照時間が短いせいか、生活スタイルは酷いものになっているけれど、年を越す前に今年やり残したことを、明晰化し、出来る範囲で解消していきたい。それでも普遍的に自動販売機のコーンポタージュが寒さと相関して美味しく感じる冬は嫌いじゃない。『ざらざら』もこの季節に至適した曲で、何処か懐かしい気持ちにさせてくれる。

 

余談になるが、radikoのタイムフリー視聴が便利で、作業のお供に最適だ。