深緑のネオンサイン。

観念に囚われない生き方は理想であるし、巡り巡る時代錯誤感も嫌いになれないし、スマートフォンの利便性も認めざるを得ない。煩いから通知は全て切っているけど、いざという時には頼りになる機器である。雖も、手放したいものリストの最上層に君臨していて、充電しない日も多々あり、外出先で文鎮と化したスマートフォンを眺めながら、遠方を見つめ、コーヒーを飲む機会もよくある。それでも、予備のバッテリーを買おうかと思案したことは1度もない。

 

公衆電話の外装が好みで、写真映えするなと何時も感心させられる。真夜中の公衆電話内を照らす灯りは幻想的で、外景とのコントラストが堪らなく良い。付随する小道具的なものが電話の足許にあると、更に異質性を増す。将来的な消失が不安であるけれど、時代錯誤感は言うまでもない。けれど、上記の通りスマートフォンの電源が切れることが偶にあって、必要に応じて利用するから、常にテレフォンカードを持ち歩いている。北澤とかラモスがいた頃の東京ヴェルディのカードはお気に入りだ。如何して過去に作られたものが、これほど哀愁を誘うのか常日頃の疑問でもある。特に僕が生まれる前の80年代後半であったり、90年代初頭だったりと。

 

普段の散歩道を完全に無垢な状態で歩いてみる。ipodから音楽を流さずに、闊歩し、環境音に触れる。鳥の囀り、自動車の走行音、意外と新鮮なものであって、自ずと排除していることは少しばかり虚しく思えた。歩きながら音楽を聴く行為自体、最小限度の危険は常に伴う。引き換えにその場限りで、自分だけの狭窄したテリトリーを形成できるが、果たして有意義なものなのかと問うと、そうとは言えない。寝る前に聴くJanis Joplinは叙情感があって好きだし、起床後に聴くT.Rexはその日の活力をくれる気がする。そういった「正しい」と思われる聴き方をすべきなのだろう。

 

物事を純粋な視線で捉えることは年齢を重ねるに連れ、困難なものになっていくが、常に対応策を見つけている。濁りや淀みを出来る限り排除し、歪みを修正しようと逡巡する。その過程を通り、幼少期の頃に抱いた感心であったりとかを再現し、純朴な気概を持っていたあの頃に近づく様に験したい。

 

 

広告を非表示にする