読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐古と選択。

 軽はずみで衝動的な行動を取ると、事後に9割の確率で後悔する。残りの1割は、解の選択に成功した、数時間前の自分を客観視して、振り返ることがある。後者は比率的に博打に近いけれど、性格上、衝動的な行為謂わば作興させることに目がない気がする。

 

 ある時期、友人と近所のボーリング場で落ち合う約束をした。あの時期の僕は、思い悩むことがあって、ピンを球で弾くことで、閃きが浮かぶのではと、浅はかで楽観的で、安直な考えを持っていた。1ゲームが終わって、無事に友人に敗して、スコア表をそっと傍らにしまいながら、友人に昼食を取ろうと提案をした。この時点で、思い描いていた事象が未遂に終わっていた。そもそも、閃きなどは窮地で思い悩んだ末に、出るか出ないかのものであって、例え浮かんだとしても、万人的な一般論で使用するに至らないものだと後になって察した。昼食では、映画の話ばかりしていた。

 

 良く郷里を思い出すのは、高校時代の懐かしさが未だに脳裏から離れないからだろう。夏期補習中の帰りに、ミニシアターで『2つ目の窓』を観に行ったりだとか、家電量販店で洗濯機を友人と眺めにいったりだとか、酷く現実逃避な行為を取っていた。その頃をなぞる様に、帰省しては過去に訪れた場所に赴く。1年の半分以上通った本屋は今も尚、変わらない店内と、店員さんの手作りポップが、その店の暖かい雰囲気を形容していて、生家の様な居心地の良さを覚えるから、帰宅後にまた訪れたい気分になっている。

 

 不思議なもので、幼少期にあれだけ退屈な場所だと考えていた郷里は、年を重ねるに連れ、考え方が変遷してきて、晩年になる頃には恐らく故郷に戻っている気がしてならない。映画館があって、本屋があれば、何処にでも住める気がした時期もあったけれど、慣れ親しんだ場所は、何処かで自分を形成する一部となっていて、懐古的になっている現状が今を悟るのに相応しいと思う。只々、今は、郷里のミニシアターでアイスコーヒーを片手に河瀨直美監督の新作が観たい。